人気の勃起薬ザイデナ

ザイデナについて

 

ザイデナ販売中止ED・勃起薬

ザイデナ売り切れ


 

勃起薬の研究

勃起薬は有名なものとしてはバイアグラなどがあげられますが、それ以外にもとてもさまざま薬が開発されて販売されています。

 

日本ではまだ市販されいるものは少なく、あまりお目にかかることはありませんが、勃起不全などで泌尿器科へ診察へ行くと、まず投薬治療ということでバイアグラなどの勃起薬が処方されます。

 

さらに今ではバイアグラのジェネリック薬なども開発されており、勃起薬の低価格化が進んでいます。

 

そんな中で、いま日本男性に注目されている勃起薬がザイデナなのです。

 

なぜザイデナが注目されているの?

 

今までの勃起薬は開発国がアメリカやドイツなどの欧米諸国のものがほとんどでした。なので、欧米諸国の男性の体質に合わせた薬品づくりがなされていたのです。

 

欧米諸国の男性と日本の男性を比べると、同じ人間でもやはり違いがあります。大きく違うのが体つきです。

 

薬はその体重によっておおよその服用量が決めれらています。よく同じ薬でも子供と大人の錠剤の数が違うことがあります。

 

それと同じように勃起薬も本来は体重によってその服用量を変えるべきなのです。そのせいもあってバイアグラなどをピルカッターという道具を使って半分に割って服用している日本人男性も少なくありません。

 

しかしこのザイデナは、開発国は韓国で、アジア人に合せて開発された勃起薬なのです。

 

さらには、従来は開発されてすぐの薬はその価格が高額になる傾向があるのですが、このザイデナに関してはすでにバイアグラよりも安い価格設定にされており、しかもすでに個人輸入できるようになっています。

 

ザイデナは勃起薬ではない

 

バイアグラなどは勃起薬という目的で開発されましたが、このザイデナは実は、勃起薬として開発されたのではなく前立腺肥大症の薬として開発されたものなのです。

 

その効果を研究し続けていくうちに、勃起不全にも効果があることが発見され、勃起薬としての商品化が進みました。

 

そのためザイデナは日本では、前立腺肥大症に対してのみしか病院で処方されることはなく、ED治療が目的のために手に入れるためには、薬の個人輸入に頼る必要があります。

 

前立腺肥大症は日本でも聞く病名ですが、アメリカなど海外ではとても深刻な病なのです。日本に比べても倍以上の割合の男性がこの病で悩んでいるのです。

 

しかし専門家の解釈では、この前立腺肥大症は近い未来に日本でもその患者数が増える病気であるとされています。そのため日本でもその対策が急がれています。

 

ザイデナ売り切れ

 

ザイデナは、現在売り切れになっています。ここでは、ザイデナの類似品をご紹介しています。

タダシップ シアリスのジェネリック薬

 

タダシップ

タダシップはシアリスのジェネリック薬で有効成分はタダラフィルでシアリスと同じなので効果も持続時間も一緒で安心して使っていただけます。
ED治療薬の中でも36時間と持続時間が非常に長いため服用のタイミングを気にする必要がありません。また食事やアルコールの影響を受けにくいので人気の高いED治療薬です。

 

カマグラゴールド バイアグラのジェネリック薬

 

カマグラゴールド

カマグラゴールドは、ジェネリック医薬品でED治療薬で有名なバイアグラと同じ有効成分です。バイアグラのジェネリック薬なのでバイアグラと同じ効果を期待できます。
効果持続時間は4時間程度で性交の1時間前に服用しましょう。
カマグラゴールドは、空腹時に服用しなければ効果が期待できません。食事の影響を受けやすいと言われているので気をつけましょう。

ザイデナの効果について

 

ザイデナの効果

ウデナフィルが主成分のザイデナは、アジア人向けの勃起不全治療薬なので、日本人にもピッタリ効果があります。

 

その効果はバイアグラなどと同じく、自然な性的刺激を受けることで勃起機能を補助して助けてくれます。血管を拡張することで血流を良くして陰茎に血液がどんどん流れ込むようになるのです。

 

その効果継続時間も、一度服用すれば24時間ほど続くようです。使用するのにも特に年齢制限もなく男性であればだれでもザイデナは効くのです。

 

ただ、心臓病や血管の病気をお持ちの方は服用が控えた方がよいということです。ザイデナの効果によって、思いがけない作用が起こり、大きな副作用が出てしまうことがあるからです。

 

勃起薬の効果については、どのような薬でも個人差があります。さらに同じ人が再び飲んでも同じ効果が得られるとは限りません。

 

それは、日によって体調が変わるからです。食べ物と食べたとしても消化のいい日もあれば、消化が悪い日もあります。それと同じなのです。

 

ED治療薬のたくさんの種類が販売されていますが、一つが合わなかったからと言って、すべての薬が合わないとは限りません。

 

ザイデナを試してみても効果を実感できなかった時には、違う薬を試すことでご自身になった薬がきっと見つかるはずです。

 

続きを読む≫ 2016/03/02 12:55:02

ザイデナの口コミ

 

初のアジア人向けのED治療薬ということで注目されているザイデナ。多くの日本人男性もその効果を実感したことだと思います。しかし、薬の効果には個人差がつきもの。同じ薬を飲んでも効果のある人と、効果のない人もいるようです。

 

ここではザイデナの口コミを調べてみて、効果の出ている人と出ていない人の割合を紹介します。

 

効果が出ている人の口コミ

 

始めて飲んだ時から、自分に合っていると感じた。効果の継続時間も長くてザイデナには満足しています。

 

きちんと効果を実感することができました。食前の方が食後よりも効果があるように感じます。

 

中折れが心配でいつも集中できなかったのですが、ザイデナを飲んだおかげでそのようなこともなくなりました。先日は、久しぶりに2回戦に入ることもできました。十分満足です。

 

効果が出ていない人の口コミ

 

ザイデナの効果が出ていない人の口コミ

効果が出ているということで購入したのですが、私の体質と会わないのか十分な効果を実感することはできませんでした。バイアグラも使ったことがあり、それでも効果が出ていないので私はとても重症なかもしれないと思っています。

 

1錠飲んだけれどもそれほど効果を感じなかったので、2錠飲んだらちょっと頭痛がしてしまって、とても焦りました。しっかりと勃起することができたけれども副作用がちょっとね。

続きを読む≫ 2016/03/02 12:55:02

ザイデナ 販売中止

第4の勃起薬として注目されていたザイデナですが、2015年11月の段階では販売中止となっています。販売サイトを見てみてもどこも品切れ状態の様です。

 

販売店に問い合わせたところ、日本での販売許可がまだ下りていない未承認薬なので、販売を自粛するように指導が入ったようです。

 

日本の薬事法では、人体の安全が確認できない医薬品の使用を禁止しています。ザイデナの販売中止もこの決まりに関連しているものと思われます。

 

2015年の4月ごろから爆発的に注文が殺到していたザイデナも、今は品切れ状態でどこを探してもないのが現状です。

 

ザイデナの販売中止の伴い、様々な代替品が探されています。その中でも注目されているのがインドで製造販売されているタダシップです。

 

タダシップはシアリスのジェネリック医薬品で、その効果にはとても実績があります。インド政府の承認を受けている正規品なので、人体の安全のインドではきちんと確認されています。

 

ザイデナの販売が再開されるのには少し時間がかかりそうですが、韓国では承認されている医薬品なので、日本でも個人輸入できる日は近いと思います。

 

ザイデナがどうしても欲しいという人は、自分で韓国に言って購入するしかないでしょう。

 

続きを読む≫ 2016/03/02 12:51:02

勃起不全

勃起不全に陥っている人は、必ず、何らかの原因があるはずです。

 

テストステロンのかく乱という共通の原因が根底にあるのかもしれませんがそのほかにも、様々な個別の原因があるはずです。したがって、勃起不全を解消するためには、その原因を取り払うことが何より先決です

 

ある男性は20代で勃起不全に陥ったそうです。その男性は精神的な要素、すなわち精神的なショックが原因でした。20代で勃起不全になるのはなかなかつらいものです。しかし時間がたつにつれて、自然と回復に向かったようです。

 

勃起不全の原因には、このほかにも様々なものがあります。したがって、自分が度の原因によるものかを、自分で突き止め、それを取り除くようにすることが、まず何よりも重要です。それをせずに、安易に薬剤に頼るのは正しい選択とは言えないでしょう。

 

特にバイアグラのように本来人間の体が備えているシステム、すなわち、cGMPという酵素をPDE5が分解し一定のバランスを保っている。こうしたシステムを壊すことによって、勃起を引き起こすような薬の場合、服用は十分に慎重に行うべきなのです。心不全やショック状態なの命にかかわる症状、頭痛や顔面紅潮、消化不漁などの副作用が表れる恐れがあることが言うまでもありませんが、それらが表れなかったとしても、長い期間服用した場合、思いもよらない副作用が表れる可能性があるからです。

 

体というのは、巨大なシステムです。様々な臓器や組織が互いに関係しあって、殻だという、想像を絶する複雑な仕組みを作り上げています。そして、それらを維持しているのが、ホルモンや神経伝達物質、あるいは酵素などのケミカルメッセンジャーと言われるものです。

 

ザイデナは、この酵素の一つを阻害することで、効力を発揮します。したがってこうした状態が長い間続けば、体に何らかのゆがみが生じ、それが副作用となって現れる可能性が高いのです。

 

ザイデナが勃起を引き起こすメカニズム、そしてまた、ザイデナがこれまでに引き起こした副作用について詳しく知っておいてください。

 

「こんなに危険性が高いものなら、服用はやめよう」「多少危険際はあっても勃起不全を直すためなら」「勃起不全の本当の原因を見つけてそれを直す努力をしよう」といろいろな選択ができるはずです。よく考えて自分の体に一番合っている方法を選択してください。

続きを読む≫ 2015/11/11 10:35:11

勃起症状と自律神経

勃起のメカニズムの要素として重要なのが、自律神経のバランスです。

 

誌と語が忙しすぎたり、夫婦仲がうまくいってなかったり、また人間関係につまずいたりという、いわゆるストレスが原因となって性欲の低下、あるいは勃起障害を起こしてくる場合が数多く見受けられます。

 

いとどこういうことで、勃起障害を経験すると、次のセックスの機会にまた今後もダメになるのではないかという不安が大きくなり、ますますうまくいかなくなります。こうしてどんどん泥沼に落ち込んでいくことになるのです。
ペニスの勃起にとって、そして満たされたセックスをするのに、最初に必要なことはリラックスすることです。つまり交感神経が優位な状態が持続し、なかなか副交感神経が優位の状態に切り替わらない。

 

つまり、リラックスできないということになってしまいます。こうして起こってくる勃起障害を心因性勃起障害といいます。勃起障害の中では一番多い原因です。

 

県紺してまだ1年という30歳代前半の男性が泌尿器科へ診察に行きました。診察の前にして記入した問診票では、職業は看護師で、どういうことで来られましたかという質問には、不妊に丸が付けられていました。

 

医師はこれを見て、普通にセックスしているのに、奥さんが妊娠しないものと勝手に決め込んで診察を始めました。

 

入ってきた男性は見るからに真面目そうで、なんとなく弱弱しく、自信なさげな印象でした。病歴や健康状態などの問診を行い、県紺歴を聞き、身体の診察を行いました。ペニスや清掃、そして前立腺にもこれといって異常は見当たりませんでした。

 

看護師でもあり身体所見には異常がないことを簡単に説明した後、「それでは取りあえず一度、精液を調べましょう。」といって、マスターベーションで精液を取ってもらう説明を始めたときでした。

 

「違うのです。先生。そういうことではないのです」
「何が違うのですか?」
「子供ができない理由はわかっているのです」
とにかく話を聞いてみると、こうでした。

 

奥さんは5歳年下、つきあって1年ぐらいしてから結婚しましたが、それまで両人ともセックスの経験がありませんでした。結婚後、セックスを使用と奥さんに触れると、勃起はするのですが、いざ挿入しようという段階になって、瞬く間にペニスが小さく縮んでしまう。焦れば焦るほど、この悪循環から抜けられない。ということでした。

続きを読む≫ 2015/11/11 10:35:11

心因性勃起障害

心因性勃起障害は、比較的形象で、ある程度泌尿器科でも対応することが着るものですが、深いレベルでの精神的要因に根差している場合は、やはり精神科専門委の治療が必要です。

 

ただ、そういった重症例はまれで、心因性勃起障害の大半は、たまたまの失敗体験が重圧となり尾を引いている場合であると言われています。とにもかくにも性的刺激により興奮した性中枢からのメッセージは、神経回路を通ってペニスまで伝達される必要があります。

 

この神経経路の途中にも勃起を妨げる様々な強敵が待ち受けているのです。脊髄の主要や炎症などの病気、外傷による脊髄損傷などももちろんです。

 

あるいは、ポピュラーな脊髄の病気である椎間板ヘルニアなどでも、ひどい場合には、脊髄神経を圧迫して勃起障害を引き起こすことがあります。

 

また、交通事故などによる骨盤骨折や、前立腺、膀胱、直腸といった骨盤内臓器の手術などによって、骨盤神経が損傷された場合ももちろんです。

 

また忘れてはならない重要な内科的疾患があります。かの有名な糖尿病です。この糖尿病というのは実に厄介な病気で、勃起機能だけに関しても、良く知られた血管系や、末梢神経系の障害などに加え、最近では男性ホルモンレベルにまで影響し、これを低下させるというとがわかってきています。重層的に、まさにこれでもかこれでもかと性機能の低下を押し付けてくる恐ろしい病気です。

続きを読む≫ 2015/11/11 10:35:11

柔らかめのED症状

男性にとって勃起とは、健康のバロメーターだといえます。毎日勃起する人もいれば、そうでない人もいます。朝立ちなども勃起状態が正常化どうかを判断するのにはとても有効です。

 

日本人の多くがEDの傾向があると言われています。それどころかセックスレスの状態もひどいようです。生活習慣は人それぞれあるでしょうが、世界中で最もセックスをしない国民だと言われています。

 

それでも勃起に関する関心は男性ならだれでも持っていることでしょう。勃起はするけどなんだか柔らかいなと感じることがある人は、EDの兆候の表れかもしれません。

 

EDとは勃起を全くしないことではなく、満足のいく性行為を実行する勃起力がないことを指します。勃起の硬さに不満があるということはEDということでもあるのです。

 

最近では20代30代の若い年齢でもEDの症状が出ることが珍しくはありません。また、性交中に硬さが維持できない中折れもEDとみなされます。

 

勃起するけど柔らかいということなら、比較的軽度のEDということになり、早期に治療を始めれば、簡単に改善することができます。

 

バイアグラ・レビトラ・シアリス・ザイデナなどの勃起不全薬は軽度のEDにもとても有効です。勃起不全の原因をあれこれ考えるよりも、まず勃起不全薬を試してみて、解決する方が早いです。

続きを読む≫ 2015/11/11 10:35:11

環境ホルモン

男性ホルモンがかく乱されることによって、動物や人間の生殖行動にも変化が表れているようなのです。
その原因として、環境ホルモンが疑われています。

 

環境ホルモンがテストステロンの動きをかく乱することがわかったのは、ワニの生殖異常を研究する過程においてでした。

 

アメリカのフロリダ半島は観光地として知られています。周辺の河川にはありげーたが繁殖しています。アリゲーターはアメリカの南部や中国に生息するワニで、アフリカに生息するクロコダイルよりも体が小さく、性格も穏やかです。
ところが、アリゲーターが激減しているということがうわさされるようになりました。そこで、フロリダ大学の生物学者は、調査を行うと驚くべきことがわかりました。

 

捕獲したワニを調べたところ80%に何らかの生殖異常が見つかり、中にはペニスが通常の3分の2から、半分に縮小しているものもいたのです。これでは、生殖は不可能です。また、巣の中の卵の多くは死んでいました。

 

ワニの血液を調べたところ、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが通常よりも2倍以上多かったのです。エストロゲンは、動物に発情を起こす物質の総称で、普通は卵巣ホルモン(発情ホルモン)と指します。

 

一方、男性ホルモンのテストステロンが少なくなっていたのです。テストステロンは精巣で作られ、ペニスや輸精管、前立腺などの成長を促します。テストステロンが少ないということは、ペニスの成長が悪くなるということです。

 

その後ペニスの小さいワニをさらに調べると、殺虫剤のDDTを検出したのです。DDTが環境ホルモンとして作用し、テストステロンを減らし、その結果、ワニのペニスの成長が悪くなっていることが確認されたのです。

 

DDTは世界で最もよく使われた殺虫剤です。しかし、今ではDDTを始め農薬の害を指摘し、毒性の認識が高まり、肺がん、胃がん、前立腺がんで死亡した人たちはDDTが2倍も多かったことがわかっているのです。

 

今ではその毒性から使用が禁止されていますが、使用した分は地層に貯まり、何らかの生物の体内に蓄積されていくことになります。

続きを読む≫ 2015/11/11 10:31:11

精子が減少

子供がほしいカップルにとっても、勃起不全は大きなマイナス要因となります。現在では、人工授精や体外受精が一般の病院で広く行われるようになったので、性行為がなくても子供を持つことはできますが、それを実際に行うとなると、時間も費用もかかりますし、また精神的な負担も相当大きなものがあります。
しかも、そうした治療を受けたからと言って、必ずしも妊娠できるわけではありません。

 

ともあれ、男性にとって性的な刺激を受けて、ペニスが勃起するというのは、当たり前のことなのですから、それを失った人が何とか取り戻したいというのは自然な思いでしょう。

 

そして、そのために多少危険を冒しても、以前の勃起の状態をもう一度経験したいとED治療薬や勃起薬を服用するのでしょう。

 

ところで、勃起不全になる人が、なぜこれほど多いのでしょうか?その数はアメリカでは3000万人、日本でも700万人になると言われています。

 

勃起不全の原因については、アテローム性動脈硬化や糖尿病などが直接の原因となって、勃起不全に落ちおるケースが最も多いです。しかし、そうした個別の原因とは別に、すべての現代人に共通する原因もあります。

 

最近男性の精子が減っているということが話題となっています。この原因の一つは男性ホルモンのテストステロンの働きかく乱されているためと考えられています。テストステロンは勃起に不可欠な三要素の一つです。したがって精子の数の減少は勃起不全が多いことと、無関係ではないと考えられるのです。

 

男性の精子が減っていることに最初に気がついたのはデンマークのニルス・スキャベク博士でした。生理学と専門としている博士らの研究グループは1992年9月に、過去50年間で男性の精子の数は数が半減しているという衝撃的な研究成果を発表しました。

 

この研究は、1938年から、ヨーロッパ、南米、アジア、オーストラリアに及ぶ20か国で、健常者を対処に行われてきた精液分析に関する文献を体系的に整理したものでした。

 

結局、研究の対象になった人は、約1万5000人にも及びました。

 

この研究によると、精子の平均数は1940年には精液1ミリリットル当たり1億1300万個でしたが、90年には6600万個に減っていました。半分になっていることになります。2000万個以下になると、不妊の可能性が高まります。

 

これは日本人男性についても同じことが言えます。精子減少の原因として、クローズアップされているのが、PCB(ポリ塩化ビフェーニール)、DDT,ダイオキシンなどの環境ホルモン(内分泌かく乱化学物質)です。これらが、食品や水、あるいは空気とともに人間の体内に入り、性ホルモンの働きをかく乱し、その結果、精子が十分に作られなくなり、世界的に減少を引き起こしているのではないかと疑われているのです。

続きを読む≫ 2015/11/11 10:24:11

ザイデナなどのED治療薬を飲み続けても大丈夫です

薬は飲み続けると体が慣れてしまい効果が薄れてくるように思ってしまっていませんか?

 

そのようなこともあるかもしれませんが、ED治療薬は、

 

『飲めば飲むほど効果が期待できEDが改善されます』

 

ED治療薬は、血管の働きを健康にして勃起を含めた血管の作用を正常な状態に保ってくれるのです。

 

風邪薬のような熱を下げるセキを止めるという足りない部分を補う薬とは違い、服用することによって血管を健康な正常な状態してくれるお薬がED治療薬です。

 

副作用について

 

ED治療薬にも副作用が考えられます。一時的な現象として火照りや軽い頭痛・軽い視覚異常や筋肉痛げみられる場合がありますこれらは、血管が拡張することにより起こる症状です。

続きを読む≫ 2015/11/02 15:20:02